都内・千葉エリアでゴキブリ駆除にお困りならエビス消毒へ!!

エビス消毒は、都内・千葉県内全域に渡ってゴキブリ駆除の対応を行っています。地域密着型なので迅速な対応にも心がけており、いつでもお気軽に問い合わせ可能です。ここではプロが行うゴキブリ駆除についてご紹介します。

ゴキブリの習性について

ゴキブリは、熱帯雨林を中心に3500以上の種類が生息しており、バッタやカマキリに近い昆虫でその内の1%が人の生活圏で生息しています。今から3億年前からゴキブリは姿を変えていない昆虫として知られており、日本国内ではおよそ50種のゴキブリが確認されており、人や家畜に害を与える衛生害虫と言われています。

昆虫の多くは卵・幼虫・サナギ・成虫と姿を変えますが、ゴキブリは脱皮を繰り返してサナギにならず成虫になります。また、ゴキブリのメスは温度が一定以下にならない限り、生涯に渡って卵を産み続け、卵は約20〜40日程度でふ化します。しかし、秋に産んだ卵のふ化は翌夏になりますが低温の為に大体死滅し、幼虫や成虫も多くが冬の間に死滅します。

その中でも一部のゴキブリが翌年の初夏に活動を始めます。本州でのゴキブリの活動は5~10月とされていましたが、最近は暖房普及によって通年化してきています。夜行性のゴキブリについては、昼間は狭い物陰などに潜伏する傾向にあります。ゴキブリの家への侵入経路ですが、ベランダ、換気扇、玄関、排水口など、ありとあらゆる住宅の隙間から侵入し、住宅に潜伏します。

専門業者が行っているゴキブリの駆除内容について

燻煙式の薬剤

燻煙式の薬剤とは、水を入れると化学反応で煙や蒸気を噴き出して、それが家中に充満させる事でゴキブリ駆除する薬剤で燻煙式と言います。一般的にもイメージしやすいゴキブリ駆除剤になりますが、実は、ゴキブリ駆除の専門業者ではあまり使用しません。特に、市販の燻煙式薬剤では、薬が浴びては困る物を移動させるなどの手間がかかる割には、駆除効果が乏しいとされています。プロの駆除業者では、燻煙式の薬剤を使用する際も、駆除専用の噴霧器を用いて、部屋の隅々までしっかり薬剤を行き渡らせる作業を行います。市販の薬剤のように置きっぱなしにせず、防護マスクを着け手で持って薬を丁寧に撒いていきます。やはり、しっかりゴキブリ駆除を行うには、そこまで行わなければ煙式の十分な薬剤効果は発揮されないのです。

ベイト剤

ベイト剤とは、ホウ酸団子に代表される薬剤で、ゴキブリにエサとして食べさせる事によって駆除するタイプの薬剤です。主に、プロのゴキブリ駆除業者では、このベイト剤が使用されています。もちろん、市販に販売されているものではなく、プロ用薬剤を使用して駆除を行います。プロのゴキブリ駆除業者は、ベイト剤をどこに仕掛けると良いかと言うプロの視点から、しっかり薬剤を仕掛けてくれるので、自分でベイト剤を仕掛ける事場合では駆除効果にも大きな違いが出ます。ベイト剤はゴキブリが食べなければ効果はありません。中々素人目線では薬剤の配置が的確では無い為に、上手くゴキブリに食べさせる事ができていないことが原因として挙げられます。プロに依頼する事で、駆除業者はゴキブリの習性を熟知しているので、住宅構造などからゴキブリの移動ルートを推測し、的確な場所に薬剤を設置して駆除貢献する事ができます。

粘着シート

粘着シートとは、ゴキブリを粘着性のシートに吸着させて駆除する製品です。これは、ゴキブリ駆除の中でも効果が見えやすい駆除になります。駆除業者でも粘着シートを使用する事もありますが、これは駆除のメインとしては用いられません。用途としては、「ゴキブリがどの程度いるのか」「移動ルートはどこなのか」などを調査する目的で仕掛けるケースが多いです。なので、駆除そのものはベイト剤などを使用するのがゴキブリ駆除で主流です。

その他の薬剤

一般的に市販されてはいませんが、プロの専門業者がゴキブリ駆除に使用しているマイクロカプセル剤と言われる薬剤があります。これは、目には見えない程の小さなカプセルの薬剤で、ゴキブリ駆除の成分がカプセルの中に包まれています。ゴキブリが通ると思われる場所に散布しておきます。ゴキブリがその上を通ると、ゴキブリの体表の油分に反応してカプセルが壊れ、中の成分により、ゴキブリを駆除するという仕組みです。すべての業者が使用しているわけではありませんが、そのような薬剤を活用している業者もあります。

ゴキブリが侵入する隙間の閉塞工事

専門のゴキブリ駆除業者では、ゴキブリ駆除はもちろん、それと併用してゴキブリが侵入してくる出入口を閉塞工事によって物理的に塞ぐ処置も行います。これは、素人ではできないプロだからこその駆除対策と言えます。自分でもゴキブリが侵入してくる隙間や穴を塞ぐ作業自体は、材料をホームセンターなど揃えれば不可能ではありません。

しかし、確実にゴキブリの侵入口を見極めて、漏れなく隙間を塞いでいく事は中々簡単ではありません。ゴキブリの幼虫であれば、数ミリ程度の隙間でも簡単に通り抜ける事ができてしまうので、閉塞工事には緻密な作業が求められます。このように、専門業者による閉塞工事によって、ゴキブリ被害を確実にストップさせ、再発防止にも貢献していく事ができ、これはまさにプロならではの駆除テクニックです。

業者に依頼するメリットについて

ゴキブリ駆除の基本は、家の中や周囲を清掃し乾燥させて、ゴキブリの生息場所になっているキッチン、洗面所、電気製品周辺、家具の中など、隠れ家になるような場所に駆除剤を設置する事です。しかし、徹底的にゴキブリを駆除したと思っていても、建物の隙間やモノなどに付着して再び侵入し、ゴキブリが住み着いてしまう事はよくあります。レストランや食品工場などでは、細心の注意を払う事が重要です。なので、専門業者にゴキブリ駆除を依頼する事は、ゴキブリの生態を熟知した調査、駆除、予防の最善策を行ってもらえる事に繋がります。

では、具体的なメリットを挙げると、一つ目は、高い駆除効果を期待できる点です。ゴキブリ駆除業者と言うのは、駆除専用の道具や豊富な知識・技術を駆使して駆除を行って行きます。なので、自分で駆除を行うよりも確実にゴキブリ駆除する事ができます。また、ゴキブリを見ずに駆除する事ができるのもメリットです。「ゴキブリを駆除する際に見たくない」という方も素人の方は多いです。そういった悩みも、専門業者に依頼すれば全ての作業を代わりに行ってもらえるので、ゴキブリを見る必要もありません。さらに、業者によってはアフターフォローがある所もあり、そう言った業者に駆除を依頼すれば、万が一、ゴキブリが再び出てきたとしても駆除してもらう事ができます。アフターフォローの有無や内容に関しては、それぞれの業者によって異なるので、そこは確認してみましょう。

このように、ゴキブリ駆除と言うのは、定期管理する事によって安心でリーズナブルにゴキブリを見かけない環境を作る事ができます。ゴキブリの生態を熟知したプロが生息場所と繁殖状況を調査し、その後も、定期訪問や駆除サービス終了後の衛生チェックやアドバイスなども行ってくれます。専門業者で駆除してもらう事で、ゴキブリを見かけない環境をしっかり維持していく事に繋がります。

まとめ

ゴキブリと言うのは、食生活、体能力の高さ、ゴキブリ駆除アイテムへの耐性や学習能力、増殖スピードの早さ、これらが生命力の強さに関係しています。その為、自分で駆除を行うにも限界があり、しっかり駆除するのは難しいものです。なので、ゴキブリ駆除に関しては、専門業者に依頼するのがお勧めです。業者に依頼する事で、手間をかけずに自分で駆除対策するよりも確実に駆除効果が期待できます。ゴキブリにお悩みの方は、是非、専門の駆除業者に依頼してみて下さいね。